top of page
19.jpg

​meets TryAnt

​vol. 4

​- ARTIST -

​KOU TAMIYA

(TAMILAB)

ハンドメイドの「靴べら」に特化したブランド「TAMILAB(タミラボ)」

​その素材は全て使い古されたスケートボードから出来ている。

元々のデッキに描かれたグラフィックや、乗っていたスケーター達が付けた滑り傷がデザインとなり、実用的ながらまるで一点物のアート作品のような靴ベらは、

今日全国の感度の高いアパレル・雑貨等のセレクトショップやギャラリーで扱われ、スケーターのみならずファッション・アート、様々なシーンにて支持されている。

 

主催するアーティスト 田宮 興さんにお話を伺った。

7.jpg

■ スケートボードで靴べらを作ろうと思ったきっかけは?

 

田宮(以下 T):

大学時代、芸術学部でデジタルファブリケーション分野を専攻し、レーザーカッターや3Dプリンターを用いた作品作りを勉強してきました。

卒業後も色々なモノづくりをする中で、自分が趣味でずっとスケートボードをやっていた事もあり、使い古されたデッキを使って何か面白いモノが出来ないかなと思っていた時に”靴べら”が浮かんだんですよね。

 

というのも日常生活の中で、当時住んでたアパートの玄関が狭かったのと、僕が面倒くさがりって事もあり、お気に入りのスニーカーを履く時にカカトを潰して履いていたのですが、簡単にカカトに癖が付いちゃうし、どんどん履きづらくなって靴をダメにしちゃうって事に気付いて、その問題解決のために靴べらを思い付いたって感じですね。

自分が欲しいと思える靴べらが市場になかったので、それなら自分で作ってみようと。

 

靴べらって、ある程度 ”しなやかさ” が必要だけど、人間の体重が結構乗るので “強度” も大切じゃないですか。

一枚板で強度を出すと “しなり” が出なかったり、逆にするとすぐ折れちゃったり。。。

その点でスケートボードの板は、”しなやかさ” と”強度” を始めから両方兼ね備えている物なので、すごく相性がいいなと思いましたね。

22_edited.jpg

■アトリエには使い古されたスケートボードが大量に積まれていますが、これらを使用したモノづくりをする中で、改めて面白いと感じる事はありますか?

 

T :

元々ストリートカルチャーが大好きなので、そのストーリーが材料から感じられるところが扱っていて楽しいです。

完成した後に見てもらう・使ってもらう人達にも、「ただの物」としてではなく、デザイン含め材料のバックボーンを感じてもらえるので、面白いなと思いますね。

 

あとは、近年ではオリンピックでスケートボードが競技に選ばれた事もあり、スケートボードのムーブメントが新しい領域に来ているので、僕がスケートボードを使ったモノづくりをする事で、新しくカルチャーを広めていこうとする人達や、そのムーブメントに絡む事も多くなり、そういった点でも面白みを感じています。

4.jpg
3.jpg
5.jpg

■色々なモノづくりの発想は、どんな時に思い浮かぶのですか? またそれらに対し一貫した考えはありますか?

 

T :

「何か面白いモノを作りたい」っていうのはほんと毎日ずっと、考えない日はないですね。

手は動かしていなくても、頭は常に動いてるという感じですかね、もう染み付いちゃってるというか。

スマホのメモにはものすごい量のアイデアをメモしていますよ。

 

僕は小学生の時、レゴブロックにすごくハマってたんですけど、買ってもらう時は、例えば戦車だとしたらパッケージに載ってる「この戦車が作りたい」じゃなくて、

このキャタピラが使えるとか、このパーツが欲しいとか、そんな感覚で選んでました。

せっかく買ってもらっても説明書とか見なくて、既に持ってるお城と戦車を組み合わせて何か新しい物を作るとかって事を楽しんでたんですよね。

子供の頃から「誰も作ってないモノを作りたい」というのは頭のどこかで常に考えていて、それが今に繋がっているんだと思います。

親には「どうせあなたにおもちゃ買ってもすぐ壊すんだから」って言われてましたけど 笑

 

自分がモノづくりで意識しているのは、世の中にないことで、ちゃんと製品として成立する物である事。

あとはそれがたとえ100人中99人に馬鹿にされるプロダクトだとしても、たった1人の感度のすごく高い人に「いいね!」って言ってもらえるようなモノを作りたいと思っています。

10.jpg
8.jpg
18.jpg

■今後の展望についてお聞かせください。

 

T :

そうですねえ。”靴べら”としては、直近で海外の市場をどんどん広めていきたいです。

ヨーロッパのセレクトショップなどでは扱ってもらっていますが、やはりアメリカの人達にももっと見てもらいたいですね。

 

アーティスト活動としては、スマホのメモに残した日々のアイデアリストをどんどん形にして、靴べらだけじゃないぞ!っていうのをやっていきたいですね。

そんな田宮さんがチョイスする「TryAnt」は、

耐切創PU手袋 NO.717。

欧州(EN)統一企画の元、手袋に求められる安全性基準に基づいた 摩擦 / 切作 / 引裂 / 突刺 それぞれへの耐久性に優れたワークグローブ。

​日々の創作活動で、刺刺しいスケートボードの端材を大量に運ぶ際や、板を切ったり穴を開ける際に使用する様々な機械のメンテナンス時に怪我から手指を守るために使用されている。

12.jpg

​NO.717  CUT RESISTANT GLOVE

21.jpg

​TAMILAB

bottom of page