top of page
DSC_0354.JPG

​Feature 01

究極のワークグローブ

「高いグリップとフィット力。」

この2つの課題と向き合い続けるのが、手袋業界の ”常” ではありますが、
困った事に手袋というのは、グリップ力が上がれば上がる程、手と手袋がズレやすくなるものです。

 

昨今、グリップ力の高さを謳った手袋は、そのズレを止めるために手首をバンドで締めるタイプが主流となりました。

ゴルフやバッティンググローブ等でもお馴染み、強力なグリップを発揮するそれらは、そのほとんどが手首をバンドで締めていて、それはワークシーンにおいても同じです。

そんなある時、「グリップ力が高い手袋は手首バンドの脱着が面倒だ。」と耳にしました。

配送業を営む方の”声”です。

 

配送業では、車で現場に出向き、荷物の積み降ろし時に手袋を着け、終わったら手袋を外し、また次の現場まで運転するという人が多く、作業の度に手首バンドを外して手袋を脱着せねばなりません。

DSC_0015.JPG

そこで何とかならないものかと考え出したのが 「枝豆縫製」

 

通常は真っ直ぐに縫製されている手袋の指部分。

その4本指を、それぞれ”枝豆”の様な形にシェープする事で、絞った部分がちょうど指の間節に当たり、指先のフィットが向上。

手首をバンドで締めなくてもズレにくい設計となりました。

また、指の関節部分にシボリがある事で、指が曲げ易くなり作業性もアップしました。

edamame1.jpg
edamame2.jpg
DSC_1550.JPG

手のひら一面にシリコンの滑り止めが付いているので、高いグリップ性は言わずもがな。

”最高のフィット感と脱着の容易さ” を追求した『EDAMAME GLOVE』

 

手袋の高いグリップ力が追求される中、その反面「脱着が面倒だ」というお客様の”声”を改善するために生まれたこの商品は、配送業のみならず今日、内装業やメカニック、自転車など幅広いシーンで活躍しています。

DSC_1465.JPG
DSC_1501.JPG
DSC_0243.JPG
bottom of page